キュリオス、観てきました!!!

春休み中だけあって、会場は満員。
15:30開演、14:30開場でしたが、開場直後から、ホールにはたくさんの人が!
テントの中は優しいオレンジ色に包まれて、始まる前から気持ちをそそられます。
 

 
入場してから席への案内まではまだ時間があったので、オフィシャルショップをチェックしたり、キャラクター紹介しているスクリーンをチェックしていました。
それと、子供連れでしたので、前半1時間程度の公演中にアクシデントがないようにお手洗いも済ませておきます。
公演時間は2時間20分と案内されていますので、大人にとっても大切なポイントです。 笑
 

キュリオスは開演時間前から始まっている!

開演30分位前にゲートが開き、席に着くことができました。
私たちの席はSS席。C13列 19-20番です。
 
席に座って、入場前に購入したポップコーンを食べながらおしゃべりしていると、
ステージ上のポールの上にいつの間にかキュリオスのキャラクターの一人が。
 
「え?もう始まっているの?」と時計を確認しましたが、まだ15:30にはなっていません。
ポールに乗った人はおもむろに紙飛行を飛ばしはじめ…….。
 
シルク・ドゥ・ソレイユのいいところは、
ジリリリリーとベルが鳴ってさぁ、開演!
というわけではなく、自然に、自然に、知らないうちに独特の空間にいる、ということだと思います。
 
紙飛行機が飛んでいる間も続々と観客が入場しているのですが、そんな喧噪も感じさせず、席に座った人から自然と目と心がステージへ。
 
観客、というスタンスではなく、その場を共有する一人としてパフォーマンスを観ることができるのもシルク・ドゥ・ソレイユの魅力のひとつです。
 

キュリオスの感想

 
キュリオスの感想は、
観ていて、心の底からわくわくできて、ステージに目が釘付け!
子供の頃によく歌った「おもちゃのチャチャチャ」をノスタルジックにしたような世界観に引き込まれていました。
懐かしい感じとともに空想の世界に酔いしれる快感。
 
夜中にこっそり目を覚まして、ベッドのなかからそーっと、おもちゃ達が遊んでいるところをのぞき見しているようなわくわく感。
パフォーマー達の身体能力の高さに驚かせられながらも、それを超える幻想的な演出に酔いしれます。
 
 
シルク・ドゥ・ソレイユの醍醐味ってこれだと思うんです。
難易度の高い技を披露しても、それが目的ではなく、あくまでも演出の一部。
もう、圧巻としかいいようがないんです。
 
今回は小学生の子供と一緒に観に行ったのですが、ステージを見つめる子供の顔は
 
キラキラ°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
 
これだけでも、親としては連れてきたかいがあった、というものです。
 

キュリオス公演時間

 
キュリオスは全部で2時間20分ほど。途中30分程度の休憩がはいります。
会場はチケットの注意書きにも、
 
「会場内の温度設定が低いため、羽織りもののご持参をお勧めします」
 
とあります。
 
私達も、薄手のコートを着たままずっと観覧していました。
もしも上着を忘れてしまった、持ってきたけど、まだ寒い!という人は、会場でブランケットを貸し出してくれますので、利用してください。
 

キュリオスの座席表

今回私達が座ったのは
C13列19-20番。

 
この席は財前列から9列までの「特典付きSS席」から通路を挟んだブロックとなります。
真正面ではありませんが。パフォーマンスは角度を変えて行われますので、センター席と比べても遜色ないくらい満足できました。
 

 
「特典付きSS席」を摂りたかったのですが、あいにく完売。
以前、シルク・ドゥ・ソレイユを観た時は、上の方の席で、全体的に鑑賞できてそれはそれでよかったのですが、臨場感からいうと、次は絶対に前列の方!!と思っていました。
13列目でどうだったかというと、答えは私達的には「大正解」でした。
 
その理由は、10列目の前のある通路でパフォーマンスが行われること。
これは、前の特典付SS席だったら、振り返らないとみれないので、ちょっと得した気分です。
 
また、私達の4列前の方は、パフォーマンスの一部に参加させられて?いました。(うらやましいです)
 
プログラム後半に、「コミックアクト」があります。

これは、客席から女性を一人選び出して、ステージ上で共演!!!するのですが、今回はEブロックの上の方の席の若い女性が選ばれていました。
 
席をこれから選ぶなら、C,D,Eブロックはねらい目だと思います。
 

公演中に撮影してもいい?写真は?

上演中の動画撮影、写真撮影は禁止です。
でも、カーテンコールの時はどちらもOK. 開場内に
 
「撮影OK」
のサインが表示されますので、ぜひ、トライしてみてください!
 

 
 

キュリオスのチケットはどこで買う?

 
私達が利用したのは「チケットぴあ」。
今ならぴあ限定で
4・5月の平日公演 S席グッズクーポン(1,000円分)付チケット発売中ですよ。
 
チケットぴあ
 

お気に入りのプログラム

 
どのプログラムも、「うわー、すごい!!!」という歓声が絶えないのですが、個人的なお気に入りは
コントーション
アクロネット
と、いいつつも、全部!!と言ってしまいそうです。笑
 
ローラ・ボーラ
は、神業!!
 
ぜひ、会場で観てくださいね。